ミノキシジルの副作用と気を付けるべきこと

ミノキシジルの副作用と気を付けるべきことについて

ミノキシジルとは何か

ミノキシジルというものをご存知ですか?

なかなか知らない方がいるかと思います。

ミノキシジルとは簡単にいうと薄毛の治療薬で発毛剤の事です。

薄毛に悩んでいる方や治療されている方はもしかしたらご存知かもしれないですが、薄毛を経験したことがないかたや薄毛を気にしたことがない方は聞いた事がないという方が多いのではないかと思います。

もともとアメリカで発見されアメリカで使用されていたものなのですが、日本でもミノキシジルの成分が入っている内服薬やジェネリック医薬品を個人で輸入して入手する事は出来るのですが、日本では認可されていない薬だそうです。

本来この薬の用途として血圧を下げる作用があるため高血圧の治療のための血管を拡張する薬で服用することによって重篤な症状が起こってしまう可能性があるそうなのでとても注意が必要となる薬だそうです。

しっかりと副作用やどのような薬なのか理解した上で服用しなくてはいけないですね。

何も知らず安易な気持ちで使用してしまうと後で問題が起きて大変なことになってしまうかもしれません。

ミノキシジルの種類について

薄毛治療の中でミノキシジルという薬があるのですが種類などあるのでしょうか。

ミノキシジルには飲むタイプのタブレットの内服薬と塗るタイプのリキッドやゲルタイプの外用薬があるそうです。

もともとアメリカで開発され使用されていた物はタブレットタイプの薬だったのですが、この内服薬を服用した方の中で体の毛が濃くなってしまったという副作用が出てしまったそうです。

このような副作用はあるのですが、塗るタイプであるリキッドやゲルタイプのものよりも薄毛治療に効果が出やすいそうです。

薄毛治療に効果が高いタブレットタイプの内服薬は体の毛が濃くなってしまうだけでなく他にも副作用が出ることもあるそうです。

その為安全性の高い外服薬であるリキッドやゲルタイプが使われる用になったそうです。

副作用が起きてしまってからでは遅いので使用する前に医師に相談し正しく使用することで安心して効果的な治療を受けることが可能になってきます。

自分だけで判断しないようにすると良いかと思います。

ミノキシジルという薄毛治療の薬なのですが、内服するタブレットタイプと外用薬であるリキッドやゲルタイプの他に女性専用のミノキシジル成分が入った発毛剤があるそうです。

男性特有の薄毛の病気もあるので男性専用の薬がある中で女性専用も出ているようです。

薄毛は男性だけでなく女性でも気にされる方はいますよね。

このミノキシジルの女性用の発毛剤は市販でも販売されているそうです。

しかし病院で処方される医薬用である薬に比べると市販のものは作用成分の濃度が低くなっているようです。

どのような薬でもそうなのですが市販の方が簡単に手に入り簡単に使えるのですがやはりしっかりと病院で相談をし病院で処方してもらった方が安心ですね。

そして市販のものと病院で処方されるものは作用成分に違いがあるのですね。

知らない方だと市販でも病院のものでも違いがないかと勘違いしてしまう方もいるかと思うのでやはりしっかり理解しておくことが大切ですね。

何でも使う前には調べたり誰かに聞いたり相談したりすると良いかと思います。